アラスカ・クルーズとマッキンリー デナリの旅

<<ホーム  <旅日記    >次へ

忘れもしない昨2011年3月11日、大震災発生当日に入院して大動脈乖離で膨れ上がった胸部大動脈を30cmほど人工血管に取り替える手術を受けた。乖離は残りの腹部大動脈にも及んでいるので今後も経過を見ていかなければならないが、手術後1年も経たない昨年末にはこのまま何もせず静かに暮らして寿命を少々延ばしても仕方ないと思い始めた。2012年は結婚50年、後期高齢者入りの年で病後でもあり、いつもの海外旅行より少し贅沢にと9月のアラスカ・クルーズの予約を入れてしまった。勿論2月末の1年検診で問題がなければという条件付ではあったが。

アラスカ・クルーズは数社が運行しているが、クルーズ後出来るならば北米最高峰のマッキンリー(6,194m)にお目にかかりたい、9月ならオーロラを見るチャンス、などと欲張ってプリンセス・クルーズ社の「アラスカ・クルーズとマッキンリー、デナリの旅12日間」に参加するのがベストと考えた。折角だからオーロラ観測のチャンスを増やそうとフェアバンクス滞在を加えたり、フェアバンクスからだと帰路はシアトル経由が便利なのでついでにセーフコ球場にも行きたいなど次のような日程になった。

<<ホーム  <旅日記    >次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です