09-10スキーシーズン初滑り 富良野

| コメント(0) | トラックバック(0)
12月5日(土) 浮島のパーキングに車を預け羽田発7:20で旭川へ。参加者11名。
出発前日になってようやく上のゲレンデから下までのザイラーコースが滑走可能になったとの事だが、例年に比べ雪が異様に少ない。
P1010508(1).JPG




流石に大雪山は真っ白だが車窓から眺める北の大地は殆ど積雪が無い。

11時を少し廻った頃新富良野プリンスホテル到着。


幸い部屋に入ることが出来、パン工房で軽く昼食を済ませゆっくり着替えることが出来た。(続きは下をクリック)
P1010513(1).JPG
部屋の窓から見る十勝連峰も十勝岳温泉付近は雪が無さそうだ。

13時頃ロープウェイに乗り、しばらくは第2ロマンスリフトで足慣らしをする。
70歳を過ぎてからというもの毎年シーズン初めは今年は果たして皆についていけるかと心配で仕方ないのだが、まあこれなら今シーズンもあまり迷惑は掛けないですみそうだとほっと一息。





気温はさほど低くないのだが、どんよりとした曇り空で湿度が高い所為か大変寒い。14時半頃には下りにかかり初日を終える。
夕食を済まし、フィギュアスケートのグランプリのファイナルを見る。ショートプログラム1位の高橋は大きなミスが続き5位に沈む。女子の練習を見ているうちに寝てしまった。

12月6日(日) 朝、テレビの天気予報で7:30の北海道の気温がすべてプラスであると伝えている。昨日より更に暖かい日になりそうだ。それでも外は雪がちらついているので、9時頃用意をして外に出てみると前になっていた。一旦部屋に入りしばらくすると日が差してきた。9時40分頃ゲレンデへ。その後も雪、みぞれ、晴れとめまぐるしく天候が変わる。P1010515(1).JPG
091206.jpg
コースのコンディションもあまり良くないので、長い昼休みを取り14時から1時間ほど滑って切り上げる。
P1010517(1).JPG部屋に帰ったらなんと晴れて虹が見えた。

12月7日(月) 朝方から降り出した雪が激しくなる。9時半頃から11時過ぎまで滑って今シーズンの足慣らし終了。
14時15分発のバスで旭川空港に着いたが降雪は益々激しく、この冬初めての本格的な雪で地元の人が「これでようやく正月が来る」と言っていたのが印象に残る。雪で出発が20分ほど遅れたが無事21時頃帰宅。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jijimiya.dip.jp/web/mt/mt-tb.cgi/24

コメントする

このブログ記事について

このページは、yasuが2009年12月 8日 14:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「扶養控除は廃止、配偶者控除廃止は先送り」です。

次のブログ記事は「たけのこ会 竹炭焼き準備(2)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。