1月29日(金)ボケよ、来たか

今日は北里大学病院へ。昨年「加齢性黄斑変性症」による網膜(正しくは脈絡膜?)に出…

今日は北里大学病院へ。昨年「加齢性黄斑変性症」による網膜(正しくは脈絡膜?)に出血が再発、右目の左下が黒ずんで見えない状態になった。今日はその経過観察日である。
いつものように予約に充分間に合うように家を出て、相模大野の駅で「一寸早すぎるかな」と考えた瞬間「診察券も保険証も持っていない」事に気がついた。
妻に駅に届けて欲しいと電話を掛け、戻りの各駅停車を待つがなかなか来ない。ようやく駅にたどり着いたがそのとき既に「妻のほうが早いに違いない」という思い込みに陥っていた。ところが改札を出てみても妻が見当たらない、慌てて携帯に電話するが呼び出し音がしている最中に運悪く[バッテリーが無くなりました。電源をOFFします]でプツリ。
公衆電話を探して電話しようとしたが、妻の携帯番号が思い出せない。
祈るような気持ちで思い出した番号に電話をするが、発信音がするばかり。
この時点で、駅にとは言ったがもしかしたら「相模大野の駅と勘違いしているのではないか、急いで家を出たので携帯を置いてきたのでは」という第2の思い込みに捕らわれてしまった。

妻は今日友達との茶会がある事は認識していたので、「これはまずい、何とかせねば」と再び相模大野に向かってしまった。結論を言えば、ここでもう少し待てば良かったのだが、相模大野では公衆電話を見つけることが出来ず、北里で診察券無しで受付をして貰った後公衆電話で妻に連絡を取る。妻は未だ駅に居て「何でもっと早く・・・、もう間に合わない!!!・・・」。

投稿者: yasu

今年6月で79歳、なにかにつけて80近いのだからと妥協してしまう今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です