2010年7月アーカイブ

P1010772v.jpg P1010776v.jpg各地で痛ましい豪雨災害が続いているが、東京地方はそれまでの鬱陶しい梅雨空が嘘のように昨日から夏の日差しが照りつけるようになった。気象庁も今日「梅雨明けしたと見られる」とご託宣くだされたようだ。

 

我が家のゴーヤーの日除けは一階部分は見事完成。 涼しさとともに健康食材を提供してくれ始めた。二階の大型の P1010775v.jpgプランターの方は伸びが悪くまだ隙間だらけだが、これだけの葉から蒸散する水分を補給するには夏は一日一回の水やりでは足りそうもない。トレーニングと思って大きなジョウロをもって階段を昇り降りしているが、いずれは天水の利用をと思っている。でも二,三日留守にするにはどうすればいいのだろうか。

P1010761vga.jpgW杯とウィンブルドンで寝不足で頭が重い。朝起きても何もする気にならないのが、仕方なく芝刈りをする。ティフトン芝に昨年秋初めてペレニアルライグラスのオーバーシードをした芝生は一応冬も緑を保ち、どうやらトランジションもうまく行ったようだ。
でもティフトンが思ったより生育が悪く、今年はもう少しびっしりとした芝生にしたいものだ。

 

 

P1010763vga.jpg見渡せば雑草だらけ、鳥が持ってきたオカトラノオや藪ミョウガの群落が大きくなり、庭中ドクダミに占領されつつある。少し草取りをしたが暑さに負けて中止。部屋から見ると一体どこの雑草を取ったのかと虚しい気持ちになる。

 

 

 

 

 

P1010755vga.jpg P1010764vga.jpgグリーン・カーテンでクーラー要らずの(実は一階にはクーラーがない)夏を過ごしたいと毎年ゴーヤーを植えている。今年は2階のパソコン部屋のクーラーも稼働ゼロにしたいとベランダに大きめのプランターを置いてネットを張ってみた。
約半月前の写真と比べるとずいぶんツルが伸び、脇枝もたくさん伸びてきている。この分なら7月中旬にはカーテンになりそうだ。 写真左は6月15日、右は7月1日撮影。

W杯で日本がパラグアイに、ウィンブルドン順々決勝でフェデラーがベルディハに敗れた試合、2日続きの深夜の観戦となった。

日本チームは昨日帰国、「よくやった」「勇気を貰った」等々国を挙げての歓迎ぶりである。でも私は正直なところあまり感銘を受けなかった。スポーツである以上「勝つ」事が目的であるから、今回日本チームが採った戦略は正しいし現在の力関係からすると他に選択肢は無かったであろう。
でもあそこまでリスクを回避した試合運びをされると欲求不満になる。日本人の特性からメッシのようなプレイヤーが生まれる可能性は低いので、今後も世界に対してはあの様な戦い方をせざるを得ないのだろう。全員の能力を少しずつ高め、リスクを高めることなくもう少しボールキープができるようにしていくのが現実路線かも知れない。
余談だが4戦を通じて大久保選手の評価が高かったが、私にはそう思えない。皆さんは如何?

数少ないシングルハンドのバックハンドストロークが好きでフェデラーを応援している。あわや初戦敗退かとひやひやしたが、底力を見せて逆転勝利。その後は順調に準々決勝に上がってきたが、ベルディハに3-1で負けてしまった。
「力負け」という報道もあったが、私にはそう思えない。確かにベルディハは当たっていたが、最終セットでマッチポイントを一つ逃れブレークポイントを迎えての何でもないセカンドサーブのリターンミスが今回の敗戦を象徴している。その他にも「0-40のブレークチャンスを逃した」「どうやっても決められるチャンスでのドロップショットのミス」など信じられないプレーが出た。
長年トップを保ってきて「燃え尽き症候群」とは言えないまでもなにか集中できないのではないのだろうか。もしそうなら年齢から来る集中力不足に悩まされている私はなにか共通するものを見た感じで侘しい感じである。28歳はまだ若い、老けこまないで頑張れフェデラー!

このアーカイブについて

このページには、2010年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年6月です。

次のアーカイブは2010年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。