2010年12月アーカイブ

今日から富良野で初滑りの予定だったのだが、3日の大雨で雪がなくなってしまった。いつもなら滑れなくても仲間達と温泉に入って一杯やりに一応スキーを持って出かけるのだが、今年はなんとなく気合が入らない。7日にSさんにキャンセルを願い出た。やはり歳かな。
蓋を開けてみると驚いたことにキャンセルしたのは私と、てっきり中止と早とちりして送った荷物を取り戻したH嬢の2人だけだった。 まあ俺も現役で働いていて休みの予定を立てたらやっぱり参加しただろうなどと思った。 幸いスキー場は今日から一部オープンとなり、明日はザイラー・コースが下までオープンするようだ。
DSC00038.JPGDSC00040.JPG
行けばよかったかと後悔の念も走るが、この際庭の手入れでもしてと、朝から庭木の剪定、整枝、刈り込みをした。当地に移って40年いまだ植木屋を入れたことがないが、そろそろ高いところの作業はやめたほうがいいのかもしれない。こんなことを考えるのもやはり歳か。
どうやら年末の庭仕事の1/4くらいは済ませた。芝生のウィンター・オーバーシードは一先ず成功、緑が鮮やかである。

先月末ESTA Expiration Noticeというメール(下記)がSupport2@dhs.govから送られてきた。

ATTENTION! Your travel authorization via ESTA will expire within the next 30 days. Please reapply at https://esta.cbp.dhs.gov if you intend to travel to the United States in the near future.
来年早々コロラドに滑りに行くのでESTAの更新をしようとしたが、行き先や滞在先などは更新できるが有効期限の更新が出来ず元に戻って再申請しなければだめで有効期限も今日から2年間となってしまった。今年9月からESTA渡航認証を取得するのに手数料14ドルが徴収されるようになったので、ぎりぎりまで待ったほうがよかったのだが、面倒なので手続きをしてしまった。
それにしても勝手にESTAなる仕掛けを作り、勝手に代金を徴収することに決めてしまうというやり方にはまったく腹が立つ。日本もアメリカ人にはESTAを課し代金を徴収すべきである。 さらに上記の英語のメールなど送りつけても、ああまた迷惑メールかと思う日本人が多いなどということは全く意に解さないアメリカの思いあがりには頭にくる。
そういえば以前日本が入国に際して課していた指紋押捺を散々非難しておきながら、今ではアメリカ入国にはその都度全部の指の指紋をとりさらに虹彩の写真まで撮影するので入国審査に大変長時間かかる。ESTAを課すならせめて有効期間内の再渡航には前回の指紋、虹彩のデータで済ませられないものか。

このアーカイブについて

このページには、2010年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年11月です。

次のアーカイブは2011年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。