チュニス、ブルギバ通りの戦車

今日(1/18)の朝日新聞一面にチュニジアの首都チュニスの目抜き通りに陣取った戦…

今日(1/18)の朝日新聞一面にチュニジアの首都チュニスの目抜き通りに陣取った戦車の写真が載っていた。幸い大きな騒乱にはなっていないようだが、昨年10月に妻と二人でチュニス近郊の遺跡めぐりをしてきただけに、この先チュニジアがどのようになっていくのか気になるところである。

「アラブ初の民衆革命だ」というタクシーの運転手の話を引き合いに、いかにも独裁強権政治からすぐにでも民主的な政権に取って代わると言う印象を与える記事だが、おいそれとはいくまい。
アラビア語は勿論フランス語も解さない旅行者がたった4日間の滞在しただけで、何かを感じるすべも無いことだが、市内で会った人々の無表情さとカルタゴからしディ・ブ・サイドに向かう郊外電車の中で英語で話しかけてきて「通じた通じた」と無邪気に喜んでいた女子学生たちの明るい笑顔が印象に残っている。なんとか良い方向への変革のスタートになって欲しいものである。
ブルギバ通り(10/1) 
  新聞写真とは反対方向から            職がないのか昼間から道端のカフェで
P1030054.JPG
P1030055.JPG

投稿者: yasu

今年6月で79歳、なにかにつけて80近いのだからと妥協してしまう今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です