2011年7月アーカイブ

建物の修理が終わったので、使えるようにしようと泊りがけで出かけた。ベッドを2台持参したり、修理済みの食器棚を持参したりと妻と二人では手に負えないので、スキー仲間に声を掛けてボランティアをお願いした。

vDSC00417.JPG
16日、10時頃着くつもりで走っていたら8時少し過ぎにもう那須にいると電話が入った。全くもう...
那須にしては大層蒸し暑い。大きな荷物を降ろして早速乾杯。





vDSC00423.JPG
ペンキが剥げて見苦しかった玄関ドア、物置囲いの塗装。さすが私の仲間だけあってセンスの良い色に仕上げてくれた(実はこの色しかなかった?)
行く前は囲いは板を張り替える予定だったのだが...






vDSC00420.JPG
1階にベッドを2台置き腰痛持ちはソファ代わりに使うようにした。階段を寄せたのが大成功で大分広く使えるようになった。
使っていない風呂を撤去して物置にし、10年以上前にSさんから貰った洗濯機もようやく使えるようになった。





vDSC00422.JPG
古い冷蔵庫がいかにも寂しいのでこれも新品を購入、古い1台はビール専用に。家で修理した食器棚もピッタリ。
左端は18日早朝のなでしこジャパンのW杯決勝戦を地デジで観戦するために持参した液晶テレビ。3時30分から起き出して観戦、PK戦の末のなでしこの勝利に大いに盛り上がる。朝から冷えたビールで乾杯!




東北大地震のお陰で思いがけない出費になってしまったが、残り少ない人生、楽しい仲間と過ごせる場所がこれまでどおり使えるのは何物にも変えがたい。せいぜい有効利用したいものである。

7月13日北里大学病院眼科へ先日の網膜造影検査の結果を聞きに行く。2年ほど前から始まった網膜内の血管へ直接薬物を注入する療法が摘要かどうか聞くためだったのだが、現在問題の箇所が網膜中心(黄班部)から少し離れているので、万一出血などが起きても致命的では無いからと結局は経過を見ていくこととなる。もうかれこれ8年も経過を見るだけで何も治療をしていない。
中心部が歪んで見えたり、物が小さく見えたりするのは黄班の一部が変形しているせいでこれは治療の方法が無いらしい。残念ながら飛んでくるテニスボールが良く見えるようにするのは諦めろということらしい。

大動脈手術後4ヶ月が経過したが反回神経麻痺により声が出ない症状は一向に改善されない。6ヶ月位までに突然正常な声になることもあるらしいが、私の場合は左側の声帯が完全に開いた位置で固まったままなので右側の声帯がカバーできるようにはならない可能性が高そうだ。
しわがれ声で何とか用事は足せるが、このままでは海外に行ったときなどに意志を伝えられるか自信がない。そろそろ専門医の診断を受けるかなどと考える此の頃である。
vNEC_0090.jpgおおよそ修理が終わったと連絡があったので見に行った。6時出発、9時少し過ぎに到着した。やはり中央道経由が早いようだ。

壁と天井のクロス張りの配色が心配だったがまずまずすっきりとまとまっていたのでほっとする。玄関の戸棚を撤去したり、中二階への階段を壁に寄せたので、少し広くなったような気がする。流し台を新しくしたら冷蔵庫の汚れが目立つ。大工さんと打ち合わせ、塗装などこれ以上頼むと追加になりそうな口ぶりなのでこれで一応検収ということにする。

vNEC_0089.jpgvDSC00415.jpg
腹もすいたので、先日横目で眺めて通った「ガーデン・アウトレット」に行き食事。放射線量の影響でどうかと思っていたが思った以上の人出である。妻は出物のサンダルをゲットして喜んでいたが当ても無く歩くのは疲れる。

vDSC00411.jpg
帰路、冷蔵庫と地デジ対応のテレビを物色しにK'sとコジマを覗く。冷凍庫は氷、たまにアイスクリームくらいしか入れないので、小型で冷蔵庫の容量の大きいものを探したのだがそのようなニーズがないのか適当なものが無い。
テレビも19"なら安いものがあるのだが、折角だからもう少し大きいほうがなど結局どちらも買わずに帰る。無駄な出費ではあったが、折角きれいになった機会にとは思うが一方では年に1-2回しか来ないのにとドケチ根性が出て中々決められない。

帰ってひとしきり拭き掃除をしたが、前夜なでしこJAPANの快勝で寝不足なのと、アウトレットの歩き疲れで早々に切り上げ夕方5時頃帰路につく。地震で壊れた食器棚を直すつもりで来たが、持ち帰って直すことにした。次回は泊り掛けで来なければならない。教師家業は忙しいようで娘も息子も頼りにならないので、スキー仲間に声をかけてボランティアをお願いしよう。

このアーカイブについて

このページには、2011年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年6月です。

次のアーカイブは2011年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。