JA紀の里のまずい桃にがっかり

7月初め、沖縄の知人に美味しい桃を送ろうとネットで調べたらJA紀の里の嶺鳳という…

7月初め、沖縄の知人に美味しい桃を送ろうとネットで調べたらJA紀の里の嶺鳳という品種が7月22日頃から発送になるというので注文した。どんなものが送られたのか知っておくのも礼儀と同じものを自宅にも届けてもらうことにした。その後生育が遅れ気味との連絡があり、26日に我が家に到着。

vDSC00432.JPG

箱を開けてみるとサイズも色も見事なばかりで、すぐにでも味わいたいのをグッと我慢して注意書き通りに食べごろを待つ。29日、もう良いだろうと久しぶりに美味しい桃を食べようとしたのだが、皮が剥けない。仕方ないので包丁で剥き出して驚いた、まるで桃とは思えない、なにか大根を剥いているようだ。もちろん食べてみても旨かろう筈はない。
もう少し置いて見ようと更に2日置いて食べたが同じなので、流石に頭にきてJA-タウンのカスタマーサービスに連絡をいれる。折り返しJA紀の里から電話させるという。確かに電話は来たが、そもそも硬い品種だからとか何とか言って全く誠意が無い。私自身は声が出ないので妻に応対させたのだが、これ以上文句を言うといちゃもんをつけているような気分にさせられ、「もう良いです」と電話を切る。
ネット販売は顔が見えないのでこんなときに困るが、かといって美味しいものを手に入れるには使わざるをえない。今回は相手がJAだと安心していたのがまずかった。旨いものを食い損なった怒りいまだ収まらず、今日再度メールでクレーム。

投稿者: yasu

今年6月で79歳、なにかにつけて80近いのだからと妥協してしまう今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です