2011年11月アーカイブ

vDSC01061.JPG柚子とびわの木の整枝と刈込みを終え昨日から黒松の「もみ上げ」を始めた。この家を建てたときに次兄が鉢植えの松を呉れたのを庭に下ろして40年超、背丈を詰めて育てて樹高は約2.5mほどに。素人がいじっているので樹形が良くない上に、入院騒ぎで昨年秋の「もみ上げ」、春の「みどりつみ」もできなかったので延び放題である。




vDSC01047.JPG
近寄って見ると目の高さから少し上にキジバトの巣がかかっていた。そういえばこの秋、松のある辺りになにやらキジバトが出入りしていたが、抱卵している気配やまして子育てをしているような気配はなかった。以前巣から卵が落ちて何度か元に戻したが結局はダメだったことがあったが、そのときと同じようにいい加減なつくりの巣だ。今回は彼氏(彼女?)が出来なかったのか、なにか事故があったのか判らないが一度無事育って巣立つところを見たいものである。


vDSC01065.JPG
さて、延びすぎた枝は古い松葉を落としてくいわゆる「もみ上げ」だけでは手に負えない。思い切って余分な枝を落として風通し良くしたのだが素人の悲しさで格好がつかない。プロに頼んでも「育ちの悪いのは所詮だめ」と言われてしまいそうだ。





vDSC01068.JPGvDSC01072.JPG
今年は山茶花の花が大きい。暖かい日が続いたせいかボケが沢山花をつけている。
脚立に乗っている最中に山茶花の隣の窓が開いて向いの旦那とばっちり目が合ってし
vDSC01056.JPG
まった。その時は流石に諦めて引っ込んだがこっちが昼食で引っ込んでいるときに窓からトレーニング・ウェア上下を丹念にふってほこり(?)を落ちしている。おー気持ち悪い!
なにせ元K大学(高校?)野球部監督、民法第235条により窓に目隠しをなどと申し出るとなにをされるか分からないような不気味な人物である。顔を見ると一日気分が悪いが日本では法に訴えるのは簡単ではない。

まあトイレに飾ったボケと千両で気を静めることに...

明日はスキー仲間の今シーズンのキックオフ会、残念ながらスキーはもう少し用心することにしてキックオフだけは参加予定である。

vDSC01027.JPGvDSC01030.JPG
今日は昨年末の思いがけない入院で実現しなかった竪型の炭焼き窯の製作をすることになった。9時集合だからとのんびりしていたら7時半に迎えが来てしまった。8時には全員集合、早速ドラム缶の加工に入る。近くの町内会から借用した発電機に、このために新調した新しいジグソーが威力を発揮しドラム缶の輪切りなどはお茶の子さいさいである。直径100mmくらいの穴あけも簡単に出来てしまう。

vDSC01032.JPG
ドラム缶の余り使って、かまど兼簡易ピザ窯を製作する。昼食時に具だくさんの豚汁に青竹で燗をした日本酒で乾杯の後、試しに出来合いのピザを焼いて見る。上下に置いた敷石用のコンクリート板が威力を発揮し、パリッとした仕上がりで美味。写真を撮るまもなく胃袋に直行となる。今日休みのK氏には次回手作りピザを作れとメールを送る。

かまどの前には青竹に入った日本酒が並んでいる。


vDSC01035.JPGvDSC01038.JPG
今回の炭窯は昨年暮れに2週間の入院を余儀なくされたときに構想を練っていたもので、ドラム缶利用の炭窯としては新しいタイプになる。


仲間の皆が疑問も挟まず作業に打ち込んでくれるのを見るとふとこれで失敗だったらなどと考えてしまう。
vDSC01042.JPG
午後3時半ころ思いがけない通り雨があったが、設置作業の大どころが済んでふと見上げると東の空に虹がかかっていた。

コラーゲン注入といってもしわ伸ばしや、勿論豊胸のためではない。手術で神経を痛め動かなくなった左側の声帯の萎縮が進んでいるので、これをコラーゲン注入で太らして少しでも隙間を減らしてみようと昨日2回目の注入を受けた。
喉に麻酔をかけた後、先が曲がった妙な形の注射器でコラーゲンを注入、待ち時間を入れても1時間強で終了した。注射後は喉がつかえる感じで声が出しにくくなり、時々喉がひっくり返ったような高い声が断片的に出たりするので今度は少し効果が出るかと期待したのだが...

今朝になってみるとあまり変化は無い。
医者は3回は打たないとというのだが、1割負担でも6千円近い費用と時間の無駄のような気がする。おまけに次回3回目は暮れも押し詰まった12月27日しか空いていないという。まあ忘年会1回を断る理由にはなるかと思い直して予約をして帰った。

このアーカイブについて

このページには、2011年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年10月です。

次のアーカイブは2011年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。