2011年12月アーカイブ

大晦日

| コメント(0) | トラックバック(0)
大震災+大動脈手術、波瀾の年もあと3時間あまりとなった。昨年末突然2週間の安静を命じられ入院、30日になって一旦退院の許可が出たものの、外科担当医の意見を聞くのに半日待たされ「もうこんな病院で手術なんか受けるか!」と妻とタクシーで暗い気持ちで冷え切った我が家に帰って来たのを思い出す。

vDSC01168.JPGvDSC01170.JPG
それから一年、まだこの先不安なところもあるが今は2月末予定の一年点検を無事通過してスキーに復帰すること、夏には金婚記念旅行にアラスカに出かけたいという目標を立ててリハビリに励んでいる。


vDSC01171.JPG
この一年多くの方にご心配をお掛けした、感謝の気持ちを込めて寒梅を開け、若狭の小鯛の笹漬けで一杯。 残りの短い人生を太く短く生きられるよう手打ち年越し蕎麦を食しているうちにN饗の第九も第4楽章になった。

今日プロゴルファー杉原輝雄氏が亡くなった。氏は私と数日違いの生まれのこともあって、肉体的には決して恵まれていないのにプロとして活躍してきた努力に頭の下がる思いだった。
プロとして限りある時間を無駄にしたくないからと前立腺がんの外科治療を忌避した判断に悔いはなかったのだと信じたいが、今の私にはやはり生きていて欲しかったという思いが強い。
だんだん同年輩の死がこたえるようになってきた。ただご冥福を祈るのみ。
昨年の今日12月17日、CT検査が終わった途端に救急外来に回され即ストレッチャーに乗せられてHCU(High Care Unit)に連れて行かれ、用足しは尿瓶と差し込み便器という絶対安静を命じられた。
まさに驚天動地とはこのことかという事態だが、ベッドの上で先ず考えたのは妻にどう言ったらショックが少ないか、1月のアメリカスキーのキャンセルを急がなければなどで、これからの事は意外にさっぱりと「まあ良く判らんが仕方ないか」と言った程度でそれほど悲観的にはならなかった。

手術まで身体の不調を感じたことは一切なかったので、大病を患ったという実感はなく手術で傷つけられた身体のリハビリをしていること自体が未だにピンと来ていない。
冷静に考えれば幸運に恵まれて破裂する前に発見されたのだから「もう少し生きていろ」ということだろう。それならば、好きなことが出来るようにと週2-3回のリハに精を出している。

今日は大学の研究室が一緒の佐久間君の葬儀だった。卒業後別の会社に入ったつもりが、こちらの会社が彼の会社に吸収合併されてしまい何の因果か同じ会社になってしまった。かの佐久間艇長の孫というので、出身地の若狭から町長が来て弔辞をのべるなど凡人のうかがい知れない世界にもいたようだ。冷たいようだが「死んで花見がなるものか」、身体が言うことをきくまで、ボケるまでは旨い物を食い、うまい酒を飲めるように頑張るぞ!
同期の仲間4人で大分料理の新宿「とど」で忘年会。
vNEC_0103.JPG

大分名物「りゅうきゅう」

大分なのになぜ「りゅうきゅう」か、女将の説によれば千利休がよくゴマを使った料理をだした、利休がなまってりゅうきゅうとなったという。

醤油+酒+みりん+ゴマ+青ねぎ+ごま+生姜+うずらの玉子のたれに本日はブリの刺身を漬け込んだもの。
酒の肴に絶好!








vNEC_0105.JPG
関あじ、関さば、太刀魚のお造り 言葉なし










vNEC_0107.JPG
豪快!かま付きのぶりの頭の煮付け 絶品










NEC_0109.JPG
だんご汁
団子にあらず、すいとんにあらず、うどんにあらず、きしめんにもあらず


全て完食。
今朝になって体重計に乗ったら一日で1.5kg増えていた。早いところ戻しておかないと年末にかけてリバウンドし兼ねない。


vNEC_0111.JPG
大分の幼馴染の二人
0年前は二人ともさぞ可愛かったろうな。



今日は同じ同期で研究室も最後の会社も一緒の友人の通夜である。このところ妻の関係を含めると不幸が多いが、やはり友人の葬式が一番つらい。身体も重いが心も重い。
vDSC01130.JPG久し振りに揃って現れた息子夫婦を見送りに外に出たら丁度天体ショーのクライマックス。赤い月が思いのほか明るい。三脚も立てずにカメラ任せで撮ったら結構良く写っている。最近のデジカメは凄い。






vDSC01122.JPG
昨日は良く晴れた一日で月食はよく見えたが寒かった。昼間はポッカリ浮かんだ雲が可愛いらしい、月桂樹、山茶花、金木犀の伸びすぎた枝を切って今年の庭仕事はほぼ終了。

初霜

| コメント(0) | トラックバック(0)
vDSC01117.JPGvDSC01116.JPG昨日の初雪に続いて今朝は初霜、気温もマイナス1度。東京の田舎もようやく冬らしくなった。
庭の小松菜も一段と美味しくなるだろう。


vDSC01118.JPG
キジバトがつがいで来ている。暫く先日取り除いた巣のあたりをうろうろしていたが、まさかまた必要になったのか?そうだとしたらごめんなさい。

仲間はキロロで初滑り、口惜しいがまだ2階に上がって息切れがするようでは...
NEC_0094.jpgのサムネール画像
あたらしい縦型の窯が完成したので、今日は竹林間伐作業をして竹炭の材料を作ろうと朝8時から作業を始めた。私は新窯の試運転を兼ねて内部の油や塗料を焼くために昨年残った虫食いだらけの竹を使っての試し焼きでデータをとりつつ、例によって軽作業の炊事当番。






vP1030927.JPGvP1030928.JPG
温度計を竹で挟んで熱伝対の先端を保護して、周りに紐で縛った材料を詰め込んでいく。これまでの横型に比べれば材料充填は簡単である。


vP1030930.JPG
vP1030935.JPG
前日に材料を入れておいたので朝8時着火。








vP1030934.JPG
昨年の材料なので乾燥していたのと長さも短いのであっという間に温度が上がり11時にはほぼ終了。
試運転ではあるが結果が気になる。

山梨から馳せ参じたH氏のために10時にはピザを焼き、昼はカレー力うどん。
「いけねぇ」またまた写真を撮らないうちに腹に収まってしまった。次回分の材料を準備し雨が降る前に解散となった。

02.jpg昨夜は雨の中アイリッシュ・ダンスのグループ「ラグース」の公演に出かけた。田舎の市民ホールだが、出演者の熱気が伝わる程よい大きさで大変楽しいひと時だった。







vDSC01113.JPG
今朝になって雨に白いものが混じりだしたと思ったら初雪といってはばからない程度の降りになった。毎朝の事ながらNHKラジオの気象予報士に悪態をつきながら朝食を済ませる。

vDSC01092.jpg昨日までと打って変わって快晴。久し振りに孫が来るというので妻と二人で朝からミートローフつくりに精を出す。彼らもだんだんと楽しいことが増えてきているので、来たときくらい旨いものでも食わせないとだんだんとじじばばのところには足が遠のくのではと力が入る。
お陰でこちらも久し振りに料理らしいものを食べ、夕食は軽く済ませる。

Facebookとの連携がうまく行ったので、今度はブログの体裁をカスタマイズする勉強を始めた。使っているMovable Type4.2は、色々なモジュールを組み合わせているのでなかなか一筋縄では行かない。でも大部分はscreen.cssというファイルをいじれば良いらしい。
ヘッダーの画像を作ってどうやら遅まきながら秋バージョンに変身した。
昨日は小パニックに陥って元に戻すのが精一杯でした。今日は朝から雨、予定の竹林作業も延期なので気を取り直して「いいね!」ボタンと「コメント」の設置を試みる。

Facebookから取得したscriptを
  インデックステンプレートの「メインページテンプレート」 に挿入し
  アーカイブテンプレートの「ブログ記事テンプレート] と 
  テンプレートモジュールの「ブログ記事の概要テンプレート」 の両方に挿入したらうまく行った。
ブログ記事テンプレートにもscriptを書き入れたが、これは多分不要なのではないかと思う。

従来のコメントはいくつかスパムが来ていることもあり、一旦はコメント出来ないように設定してみたが、思い直してまた許可にする。
まだFacebook側からコメントを見ていないが一先ずはこれで運用してみよう。

遅まきながらブログの配色を秋っぽく変更したが、オリジナル画像をヘッダーにするのが結構面倒くさい。
一旦白旗を揚げ休戦だぁ。でも元に戻すには一体どうすれば...

Facebook

| コメント(0) | トラックバック(0)
このところFacebookがブレイクしているようだ。このブログにもFacebookのコメント欄をつけるようにいろいろ試したのだが、同じコメントが全ての記事についてしまって困った。もう少し勉強が必要。

このアーカイブについて

このページには、2011年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。