12ヶ月点検

| コメント(0) | トラックバック(0)
DSC01294.JPG2月29日思いがけない大雪になった。明け方から本格的に降り出した雪は昼ごろ20cm近い積雪となった。湿った雪で午後から気温も上がったので家の前の道路の雪かきに一汗かいた。

28日は手術後1年目の検査を受けた。血液検査、X-線、心エコー、造影CT検査を終えて医師の説明を受けたが、「外科としては問題ありません」の一言で終了。現状の問診も無ければ、これからの生活指導も全くなし。内科的なことは紹介元の市民病院に聞けと言う。
3月2日は心肺機能検査。頑張って続けてきたリハビリの効果はと期待していたのだが、「これまで通りのリハを続けてください」で終わり。
帰宅してデータを眺めると確かに限界運動負荷量は上がっていないが、そのときの酸素摂取量は増えているし、最大酸素摂取量も増えていると自らを慰める。

一番知りたかったのは、これからどうすれば良いのかということなのだが結局答えは得られずじまいであった。今となっては検査データは市民病院より榊原の方が多いので、近所のかかりつけ医に相談して榊原の循環器内科に紹介状を書いてもらうしかないのだろうか。 医者としてお互いの面子を尊重する立場があろうから仕方ないのかも知れないが、患者からしてみるともう少し親身になってもらいたいものである。

vDSC01363.JPG
雪が解けて節分草が顔を出した。我が家に来て14年目、このところ花数も大きさも最盛期の半分位になってしまったが、何とか頑張っている。山野草は下手に肥料をあげられないので困る、小生も無理な運動は禁物か、でも負けずに頑張らなくては...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jijimiya.dip.jp/web/mt/mt-tb.cgi/229

コメントする

このブログ記事について

このページは、yasuが2012年3月 4日 08:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スキーに行ってきました」です。

次のブログ記事は「診察を待つ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。