ミサイル発射と原発再稼動、そして節電

| コメント(0) | トラックバック(0)
今朝の新聞の「原発再稼動妥当と判断」「大飯の安全性を確認」という見出しを見て驚いた。福島第一の事故の総括さえ済まず、「安全保安院」「原子力委員会」という規制体制の見直しも実行に移されない中での決定はいくらなんでもひどすぎる。
数日前京都府、滋賀県知事が大飯を訪れた席で関電側が「福島のような事故は絶対に起こさない」と言っているのをテレビ放送で見たが、一体何を根拠に起きないと言っているのだろうか?そもそも福島の事故だって起きないといっていたのとはないのか、確率が低いというのと絶対に起きないというのは違う。
電源の供給を何系統にしようが、ジーゼル発電機を何台設置しようが全電源喪失という事態が絶対に起こらないとは言えない。予備機を増やしたらその切り替え設備に問題が出て全体が止まってしまったなどという笑えない事態を経験したこともある。

北朝鮮のミサイル発射騒ぎに乗じて騒ぎが広まらないよう週末に発表してしまえと考えたのかも知れないが、ミサイル発射に対する危機管理さえ出来ていない国が原子力事故に対応できるわけはない。私はこれまでCO2の問題もあるから、原子力発電をすぐに全廃しろという意見ではなかったのだが、現在稼動中の原発1基でこの程度の状態なら国民全員がもう少し我慢すれば再稼動せずとも乗り切れるのではないかと思うようになった。使用済み燃料棒があのような形で保管されていて、その処理に全く目処がついていないことを考えれば、一刻も早く全原発を停止すべきであろう。しばらくCO2には目をつぶってもらってクリーンなエネルギー開発に傾注したいものである。政府が今やるべき事は国民にロードマップを示して、少しの我慢を呼びかけることである。

WattMonitor.jpg
個人の力ではどうにもならないとは知りながらも、我が家では2月に写真のワットモニターを購入して節電に取組んでいる。白熱灯をLEDに、CRTのテレビやPCのモニターを液晶に交換したりと設備投資はあったが、色々な器具の消費電力を測定してみるとそれだけで節電意識が高まってそれほど生活の質は落とさなくても節電ができることが分かった。

3月、4月検針分の電力使用量は一昨年、昨年と比べて大幅に減った。昨年は私の手術前後で妻が気を遣って電気ヒータを多用したので比較対象にはならない。一昨年に比べても大幅な削減ではあるが、月300Kwhというのはあまり自慢になる数字ではない。今後は月200Kwh切りを目標としているが、それよりもFF暖房に使っている灯油量=CO2を削減する方策を探している。現在の技術では太陽光発電+蓄電が良いのだろうが、先立つものとこちとらの寿命を考えると二の足を踏んでしまう。

              2010     2011     2012
   3月検針分   441Kwh        604Kwh        320Kwh      10年比121Kwh減
   4月検針分   436Kwh    556Kwh    272Kwh        164Kwh減




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jijimiya.dip.jp/web/mt/mt-tb.cgi/232

コメントする

このブログ記事について

このページは、yasuが2012年4月14日 08:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本の技術力の地盤沈下」です。

次のブログ記事は「三春の滝桜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。