三春の滝桜

| コメント(0) | トラックバック(0)
4月29日 普段花見には無縁な我々だが、那須の長屋の風通しと放射線量を測りに出かけたついでに出を覚悟で三春の滝桜を見に行った。
連休2日目の日曜日、滝桜は満開とくれば大混雑は予想できたものの6時少し過ぎにつけば問題なかろうと那須を5時に出発した。予定通り6時ころ郡山から磐越自動車道へ、しばらくすると「船引三春IC混雑」とのサインが目に入った。それではと手前の郡山東ICで降りさくら湖の南を回って行くルートをとる。
6時15分頃滝桜まであと2.5kmの地点から渋滞が始まってしまった。
途中仮設トイレの駐車場や路肩に車を入れて歩いて行くチャンスもあったが、どうもいつものように優柔不断でずるずると流されて行き、どうやら駐車場にたどり着いたのは7時50分頃になってしまった。
「観桜料」300円だが、駐車場は無料なので腹も立たない。

DSC01795.jpg
DSC01787.jpg
さすが樹齢推定1000年以上と言われるだけあって迫力がある。

付近にも多くの見事な桜があり、右は渋滞した車の窓から撮影した一枚。

DSC01804.jpg
DSC01802.jpg
滝桜を上から見たところ。「紅しだれ」以外の桜もとりどりに咲いている。

遠くに残雪の安達太良が見える。



滝桜を見た後はさくら湖畔の桜の公園を散策し、その後三春町の郷土人形館、歴史民族資料館などを訪れた。このあたりの線量は0.2-0.25マイクロシーベルト/時という、新緑に映える満開の桜、遠くに残雪をいただいた山並み町、こんな自然に恵まれた国に人が住めない土地があり、たとえ問題がない線量とは言え、なんとなく喉に骨が刺さったような気持ちで過ごさなければならないとは本当に情けない。役場前で原発廃止の請願に署名し、昼食後一旦那須に戻り少し休んで帰宅。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jijimiya.dip.jp/web/mt/mt-tb.cgi/233

コメントする

このブログ記事について

このページは、yasuが2012年5月 2日 10:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ミサイル発射と原発再稼動、そして節電」です。

次のブログ記事は「サーバー更新(1)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。