トホホ、除菌失敗!!!

7月9日に5月におこなったピロリ菌の除菌の成否を確かめる尿素呼気試験を受け、今日その結果を聞きに行った。

医者:「残念ながらまだピロリ菌がいるようです。諦めますか?それとももう一度やりますか?」

小生:「乗りかかった船、癪だからもう一度やります!」と意気込んで答えたが、また一週間禁酒かと意気消沈して帰宅。冷えたビールが目の前をちらちら、さあいつから取り掛かろうか...

尿素呼気試験とは
なぜ呼気を分析してピロリ菌がいるかどうか分かるのだろう?一寸調べてみた。 人間が取り込んだたんぱく質は体内で分解して尿素(H₂N)₂C=Oの形で排出される。ピロリ菌はすごいやつで酸性の強い胃酸の中で生きるためにこの尿素を分解してアンモニアと炭酸ガスにするらしい。 炭素C12の同位体であるC13から合成された尿素を飲んで呼気中にC13を含んだ炭酸ガスが増えればピロリ菌が棲んでいる証拠。この方法がもっとも感度が良いそうだ。

投稿者: yasu

今年6月で79歳、なにかにつけて80近いのだからと妥協してしまう今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です