バルドー博物館襲撃

P1030268チュニジアのバルドー博物館が襲撃され日本人3名を含む19名が死亡、40名以上の負傷者が出たという悲惨なニュースが伝えられた。

2010年10月、妻と二人でチュニスの旧市街を通り抜け、やっとの思いでタクシーを拾ってバルドー博物館を訪れ多くのローマ時代のモザイクに魅せられたのを思い出した。
翌年1月、「アラブの春」の先駆けとなった「ジャスミン革命」が起きたとき、民主化の前途には不安を禁じえP1030286なかったものだが、まさかイスラム国を名乗る過激派まで出現するとは思わなかった。

思えば子ブッシュのイラク侵攻がすべての引き金を引いたと言っても過言では無い。これに協調した当時の小泉首相は一体どんな思いでいるのでしょう?

この5年でめっきり白いものが増えた妻。心配をさせました。
この5年でめっきり白いものが増えた妻。心配をさせました。

原爆を使っても国益を守ろうとするプーチン首相、また「大量破壊兵器が無いと証明できなかったイラクが悪い」と驚くべき発言をした安部現首相の元で益々戦争に加担しやすくなっていく日本。年寄りの心配はつのるばかりです。

投稿者: yasu

今年6月で79歳、なにかにつけて80近いのだからと妥協してしまう今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です