広島、宮島、倉敷

DSC01007右目はまだ役に立たないが胸の痛みはほぼ取れたので、妻が常々一度訪れたいと言っていた広島に行くことにした。久しぶりの国内旅行、考えてみれば二人で関西方面に列車で行ったのはまだ新幹線が開業する前年のことだった。今回は新横浜から「のぞみ」で昼頃には広島に到着、早速原爆ドームへ。昔呉に出張というと仕事が終わってから寝台車で出かけたものでまさに隔世のDSC01018_R感がある。(今時こんな感慨を覚えると我ながらはなんたる時代遅れか)

あいにくの雨模様だが日曜日(11/8)とあってかなりの人出で外国人観光客の姿も多い。原爆ドームを一周して名物鉄板焼きで昼食と思ったがドームに近い雑誌に載っている店は店先に10名程の行列DSC01022_Rが出来ていた。食い物に行列するのは大嫌いなので少し離れた店で一人前を二人でシェア。

食後は平和記念公園を抜けて資料館へ。資料館は現在改修中で東館は閉鎖中、本館だけの見学となったが、出てきたときはぐったりとなって二人とも無言。なぜ広島に?なぜたった3日後に長崎に?
「原爆が戦争を早く終わらせた」という主張というか言い逃れは分らぬでもないが、非白人で是非人体実験をという事だったに違いない。

厳島神社

ドーム近くの桟橋から世界遺産航路のフェリーに乗り30分ほどの航海で宮島へ。今日は宮島泊まりなのでライトアップされた厳島神社を見たいのだが宿で夕食を済ませてから出かける気力が残るかどうか疑問なので夕暮れの厳島神社を参拝して時間をつぶした。
宿について夕食で一杯やったら昼間の疲れがどっと出てすぐに寝てしまった。

第2日(11/9) 弥山登山後倉敷へ

DSC01154_R朝海に面した窓を開けるとどこに行くのだろうかたくさんの鹿が歩いていた。ゆっくりと宿を出てまだ人の少ない厳島神社を横目でみながら紅葉谷公園へ。紅葉最盛期の混雑を外してきたのであまり期待していなかったが、ここはモミジ、カエデ、ナナカマドが多く周囲の照葉樹林に映えてたいへん素晴らしい。今日も相変わらず不安定な空模様だが幸い雨は止んでいたのでロープウェイで弥山に登ることにした。

下山後まだ干潮には時間があるが潮の引いた干潟に降りて正面から大鳥居と厳島神社を眺め、生牡蠣と焼き牡蠣でシャブリを一杯頂戴して倉敷へ。

第3日(11/10) 倉敷、帰宅

倉敷歴史地区
倉敷歴史地区

前夜は素泊まりの安いホテルだったので、夕食は一寸贅沢をして小料理屋でこれも珍しくおまかせ料理で地酒を堪能した。朝、大原美術館開館前に歴史地区を散歩と出かけたらにわかに雨が降り出し大慌てでホテルに傘を取りに戻る。

大原美術館をゆっくり回って歴史地区内で岡山ばらずしを食べて今回の旅行を締めくくった。

 

投稿者: yasu

今年6月で79歳、なにかにつけて80近いのだからと妥協してしまう今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です