どぶろくスキー

IMG_20160212_123223
水晶山スキー場

友人が会長を務める雪遊会という会に昨年からお邪魔している。秋田県鹿角花輪に近い水晶山スキー場というリフト一本のローカルなスキー場で少し滑った後、まったりした秋田弁の会話を聞きながら自慢のどぶろくを飲むというのが気に入って今年も参加を願い出た。(2月12-14日)

MAH00825(1)
インカレ会場の花輪スキー場方面を望む

昨年は盛岡からの高速バスが走らないというほどの大雪で、視界もない中で重い深雪を数本滑っただけったが今年は無風快晴で暑いくらいの好天に恵まれた。
距離的には物足りないが適度な中緩斜面のゲレンデは良く整備されていて楽しめる。

IMG_20160212_170059
自家製どぶろく

さてお目当てのどぶろくパーティー、がっこ(秋田の漬物の総称)、揚げ物、煮物に始まりホルモン鍋、きりたんぽ鍋と続く。さらにジンギスカンまで用意されていたようだがさすがにこれはひっこめられた。比内地鶏の入ったきりたんぽ鍋が絶品である。さらさらしたものやどろどろしたもの、どぶろくを楽しんでいるうちに満腹になってしまった。

IMG_20160212_171359
きりたんぽ
IMG_20160212_200354
御宿 馬ぶち

翌日は天気予報が昼前からの雨を伝える中、少し南下した方が雨の降りだしが遅そうだというリーダーI氏の判断で八幡平下倉スキー場へ。こちらもリフト3本のこじんまりしたスキー場である。八幡平というと私にはパウダースノーというイメージだが、やはり気温が高くおまけに小糠雨が降ってきた。お多分に漏れず土曜日というのんこのスキー場も閑古鳥が鳴いているようだが、雪の状態さえ良ければかなり楽しい滑走が楽しめるのではないだろうか。雨は午後から本降りになりウエアもぐっしょり、それでも2時ころまで粘る。
夜は宿の料理を食しながらまたまたどぶろくで盛り上がった。

2月14日、盛岡駅前の焼肉屋で昼食宴会後帰宅。目標体重を3kg超過!

投稿者: yasu

今年6月で79歳、なにかにつけて80近いのだからと妥協してしまう今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です