晩春

熊本を襲った大地震、せめて2回目の地震発生の予知が出来ていればと思うが、まさに人知の及ばぬことと言わざるを得ない。原子炉再稼働の審査における活断層か否かの議論も果たして正しい判断が出来るのかまことに疑わしい。川内原発を止めろという声も上がっているが、例え停止しても大量の使用済み燃料棒がある限り破壊的な自然現象に果たして対応が出来るのかはなはだ疑問である。
自然に対してもっと謙虚になれという警鐘としてとらえ、原発はすべて廃炉にする前提で、使用済み燃料棒や放射性廃棄物の処置に全力で取り組まなければならない。勿論地球温暖化問題も解決されなくてはならないので、つまるところ我々は今のようなエネルギー大量消費型の生活を放棄せざるを得ないのではないだろうか。

DSC01925さてすっきりしない天気が続くが、今日はさわやかな初夏を思わせる朝になった。玄関先の卯の花(ヒメウツギ)の花がさわやかに咲いている。有名な「卯の花の匂う垣根に…」とあるが匂いはない。

 

DSC01922垣根の下には「ホタルカズラ」が蛍光がかった藍色の花をつけていてそろそろスズランの季節の到来である。

 

 

 

DSC019508時からはタケノコ会が所属する農園の会の明日の総会で販売するタケノコ掘り。売り物なので途中で傷をつけないよう慎重に掘りだした。

日当たりの良いところに一面に咲いているタンポポだが、私にはすべてが「ニホンタンポポ」のように見えるがどうだろうか。ここだけは昔の自然が残っているかとなにか嬉しい気分になった。

 

投稿者: yasu

今年6月で79歳、なにかにつけて80近いのだからと妥協してしまう今日この頃です。

“晩春” への 2 件のフィードバック

  1. 「晩春」いい響きですね。小津監督や原節子さんが浮かんできます。お庭にはたくさんの花があるのですね。我家では、アメリカハナミズキ、フジ、ヒメリンゴ、モッコウバラ、ナニワイバラが咲いています。今まさに花の季節です。円覚寺の黄梅院に行ったとき、セッコクランが咲いていました。古い木に寄生して咲く白いほのかな香りのする花でした。見たい見たいと思っていた花でした。和菓子の店では、宝戒寺先の筋替橋前にある「旭屋」の豆大福もお勧めです。明治からのお店です。一つ162円です。

    1. セッコクは大分以前に知人に頂戴したことがありますが、数年して駄目にしてしまいました。最近は鉢物は管理が面倒くさくなり、シンビジュウムやデンドロビュウムも昨年位から殆ど咲かなってしまいました。庭の芝生もそろそろただの雑草園になりそうです。なにごとも愛情を注がないとだめですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です