裂孔原性網膜剥離

またまた入院してしまいました。6月8日に「網膜に穴があいて剥離を起こしている。放置すると完全に失明する」と診断され10日に入院、13日に硝子体手術を受けました。

さながら腹腔鏡手術のミニチュア版で眼球に3箇所穴を開け、そこから硝子体を取り除き網膜を戻してガスを入れるという手術です。
手術は2時間半程で終わりましたが、網膜が再剥離しないように常に下を向いて安静にしていなければなりません。寝る時もうつ伏せ、トイレに行く時とと食事中は正面を向いていなければならないというのはつらいものです。

IMG_20160619_084323手術後4日の17日に「眼球内にガスが入っている」というリストバンドを付けられて退院させられ、今日で手術後2週間が経ちました。眼球内に入れたガスは普通1-2週間でなくなり硝子体の替わりに体液(?)で満たされると聞いていましたが、歳のせいで代謝が悪いのか未だ眼球の高さの3割くらいのガスが残っています。
視野内では上下左右さかさまに見えますから視野の下方に液面がゆらゆらしていています。ガスが抜けるまであと4,5日かかりそうでまだまだ下向きの生活が続きます。

DSC02371昨年8月、10年以上前からの加齢黄斑変性症からの大量の出血で右目が殆ど見えなくなりましたが、今年5月には視力が少し回復してきた矢先でした。果たしてこの手術でどこまで回復するのか気がかりな毎日を過ごしています。昨年8月以前の状態(右目の上半分に歪みと視野欠損がある)に戻ればラッキーと思って我慢、我慢の毎日です。
昨日は高2の孫が17日遅れの79歳を祝いに来てくれました。

 

投稿者: yasu

今年6月で79歳、なにかにつけて80近いのだからと妥協してしまう今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です