病院のはしご

このところ病院のはしごが続いて気が滅入る。
9月末から2年半前の大腸がんの転移再発を調べるための一連の検査があった。 加えて網膜剥離手術後の経過観察や声帯の経過観察が重なり、その上に9月中旬から足の甲が腫れて歩行が不自由になったてしまった。

足の甲が腫れ内出血でどす黒くなってきたので、何はともあれいつもの整形外科・皮膚科の医院を訪ねたら
医者:「どこかにぶつけたんだろう?虫に刺されたって内出血はしないよ」
私: 「ぶつけた覚えはないんですが」
医者:(この爺さん少し呆けてるんじゃないのてな顔で)
「まあ湿布を出して置くから様子を見なさい」
仕方ないので湿布をして安静にしていたのだが一向に腫れが引いてこない。

連休明けに昭和大学の大腸の内視鏡検査で看護師に足を見せたら「すぐに皮膚科にいきなさい。蜂窩織炎にでもなったら大変!」 検査技師にも蜂窩織炎はショック死を起こすと脅かされた。

大腸の検査を終えて最初に行った整形外科・皮膚科医院へ。
医者: 「なにいまだ5日だろ、内出血なんてまだひかないよ!」と赤外線の温熱療法を指示。
私:「…」 (まだ腫れたところが熱い感じがするのに、ろくに見もしないで温めるなんてもうこの医院には来ないぞ)とそっと足をずらして逃げ帰る。

翌々日、今度は胃の内視鏡検査で再び昭和大学へ。消化器センターに行く前に事情を話して皮膚科の予約をいれ検査終了後診察をうける。

皮膚科の女医さん:一目見るなり 「これは皮膚科じゃないわね」と
暫く待って循環器センターで血液検査と下肢静脈のエコー検査を指示される。しかしはっきりした所見もなく再び皮膚科へ。
「炎症反応の数値も低いので少し様子を見てください。冷やして軽く弾性包帯を蒔いておくように」

img_20161003_1000331週間後(腫れ出してから2週間)再び皮膚科に。「内出血は収まってきているので、今度は抗生剤を5日分出すのでまた見せてください」

5日後「腫れはひいてきているので、今度はステロイド軟こうと消炎剤を処方される。

一週間後「大分良くなってきているのでこれを続けましょう。経過からすると皮膚の下の脂肪層に炎症が起きた脂肪織炎の一種と考えられる」とのご託宣だった。

要するに原因はよくわからないが対症療法で効果が出ているので良しとしましょうということらしい。

足が腫れ出してから一ヶ月、運動不足で体が重いし気も重い。

(網膜剥離の手術後PCに向かうとすごく目が疲れるようになり、ブログの更新もついおろそかになっています。さてはまた入院したかとご心配をお掛けしているようなので、簡単な記事でも書こうと思いつつ…すいません)

 

投稿者: yasu

今年6月で79歳、なにかにつけて80近いのだからと妥協してしまう今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です