BSアンテナ

hatsuyuki
24日朝7時

11月24日、明け方から昼始めた雪は東京地方では観測史上初の積雪となった。我が家の庭では3㎝程の積雪となった。

朝起きて世の中の様子を見ようとテレビをつけたのだがBS放送が映らない。アンテナの設置してあるベランダは西南を向いていhatsuyuki2て遮るものはない絶好のロケーションであるにも関わらず以前から信号が弱く時々ブロックノイズが入る。
大雨や雪の時は映らないことが多い。 まあ皆さんこんなものかと思っていたのだが、昨年雪の時に我が家のアンテナは周りのアンテナに比べて随分上を向いていることに気が付いた。
調べてみるとBSの衛星は東京地方では仰角38度程度の上空にあるので我が家のアンテナの向きが正しい筈なのだが、ご近所のアンテナはどう見ても15度程度しか上を向いていない。よく見ると我が家のアンテナは信号を集める部分が中心に付いているがよそ様のは少し下の方についている。
ネットで調べると我が家のはセンターフィード型、ご近所のはオフセットフィード型というものらしい。

センターフィード型は上を向いているので雪が積もりやすく、今回も雪の降る中やかんで水をかけにベランダに出る羽目になった。この冬は寒いと言われているので度々やらされてもかなわないし、アンテナも10年以上は立っているので経年劣化で性能も落ちているだろうと取り付け金具、15mの同軸ケーブル付きで4,980円のものを購入した。

dsc02754
パラボラは丸いものという先入観があったが実はかなり長い楕円だ

梱包を解いてパラボラが縦方向に長い楕円形であることに気が付いた。アンテナが電波の入射角より下を向いているので当たり前と言えば当たり前だが目から鱗と言った感がした。取り付け自体は簡単で妻にテレビの電波強度の数字を読み上げてもらいながら微調整したら、これまで強度が27-30だったものが最大の36になった。

 

 

これなら雪は積もらない?下はこれまでのアンテナ
これなら雪は積もらない?下はこれまでのアンテナ

電波強度が上がったと言っても特段画面がきれいになるわけではないが、これまでより雷雨や降雪に強くなっていると期待できそうだ。

 

万願寺唐辛子の葉

一時1個90円くらいまで上がった玉ネギがようやく50円くらいで手に入るようになったが、野菜特に葉物はびっくりするような値段がついていて買う気がしない。

img_20161018_101010ビタミンCの補給はもっぱら冷凍保存のゴーヤーとモロヘイヤ頼りだが、そろそろ底をついて来た。庭を見ると背丈ほどに伸びた万願寺唐辛子がそろそろ終わりになるので、葉を茹でて食してみた。普通の葉唐辛子に比べるとやや風味には欠けるが、佃煮風にしなくても何とか食えそうだ。
今日はすべての実を収穫し葉は茹でて冷凍庫へ。

 

img_20161018_101034

img_20161018_112525

 

晩春

熊本を襲った大地震、せめて2回目の地震発生の予知が出来ていればと思うが、まさに人知の及ばぬことと言わざるを得ない。原子炉再稼働の審査における活断層か否かの議論も果たして正しい判断が出来るのかまことに疑わしい。川内原発を止めろという声も上がっているが、例え停止しても大量の使用済み燃料棒がある限り破壊的な自然現象に果たして対応が出来るのかはなはだ疑問である。
自然に対してもっと謙虚になれという警鐘としてとらえ、原発はすべて廃炉にする前提で、使用済み燃料棒や放射性廃棄物の処置に全力で取り組まなければならない。勿論地球温暖化問題も解決されなくてはならないので、つまるところ我々は今のようなエネルギー大量消費型の生活を放棄せざるを得ないのではないだろうか。

DSC01925さてすっきりしない天気が続くが、今日はさわやかな初夏を思わせる朝になった。玄関先の卯の花(ヒメウツギ)の花がさわやかに咲いている。有名な「卯の花の匂う垣根に…」とあるが匂いはない。

 

DSC01922垣根の下には「ホタルカズラ」が蛍光がかった藍色の花をつけていてそろそろスズランの季節の到来である。

 

 

 

DSC019508時からはタケノコ会が所属する農園の会の明日の総会で販売するタケノコ掘り。売り物なので途中で傷をつけないよう慎重に掘りだした。

日当たりの良いところに一面に咲いているタンポポだが、私にはすべてが「ニホンタンポポ」のように見えるがどうだろうか。ここだけは昔の自然が残っているかとなにか嬉しい気分になった。

 

門燈のLED化

DSC01818先月末、暗くなっても門燈がつかないのに気付いて、グローを取り替えてOKになったのだが、しばらくしてまた点かなくなった。グローが真っ黒になっていたので再交換したら点いたには点いたが蛍光管がチラチラしていてこれも寿命に近そうだ。

大きな箱にちょこんと
大きな箱にちょこんと

蛍光管の価格も下がっていて10wなら200円程度で買えるのだが、この際だからとLEDの門燈に付け替えたらと思って調べたら1万円前後はする。手元にある3.9w型のLED電球を取り付けてみようと思い立ち、口径17Eのソケットを通販で発注。価格は145円。朝9時半に発注したらなんとその日のうちに配送料無料で届いたのにはびっくり。しかもポスト投函でなく普通の宅急便DSC01817で来た。

さて翌日、蛍光管を外し、自動点滅器(EEスイッチ)からの電源にソケットをつなぎLED電球を取り付けてたら見事(?)当たり前に点灯した。暫くするとEEスイッチが働いて切れたので受光部に覆いをしてみたが点かない。この時点で気の短い小生は良く調べもせずEEスイッチ不良と決めてしまった。おまけに 電球色のLEDもやけに黄色っぽくてなにか冴えない。(EEスイッチ不良の場合は通常明るくなっても点いているものらしいので、単にレスポンスが遅くなっていただけかも知れないが、例によってまあいいかと)

自動点滅スイッチ(EEスイッチ)
自動点滅スイッチ(EEスイッチ)

結局EEスイッチ(1,227円)、白昼色のLED電球(770円)を追加購入。しめて2,142円なり、黙って蛍光管交換がお得だったようだが、暇つぶしと頭の体操になったし、まあ電気代で2-3年で元が取れるかと自分で自分を納得させた。

 

節分草

秋田から帰ったら節分草が咲いていた。先日見たときは影も形もなかったのでいよいよ絶えてしまっかと思っていたのでやけにうれしい。

1月17日

Yuki1昨1月17日夜半から降り出した雪は朝方雨に変わった。10㎝程の湿った雪で庭木は悲鳴をあげ、ローズマリーの木が一本根元から倒れてしまっている。昨日見つけた福寿草も雪の下で震えているだろう。

1月17日といえば阪神淡路大地震から21年目、1995年1月17日は仲間とコロFukujusouラド州のアスペンに滞在中だった。宿のテレビに様子が映し出されると、「あ!あそこには親戚が!」という声が上がり連絡をとろうとしたが電話が通じない。

折しも前年の同じ日に起きたサンフランシスコ地震の一周年記念の集会が行われていたときで、テレビでは日本の高速道路とサンフランシスコの道路が崩落した写真が出て、「ちょうど一年前日本人は日本では決してこんなことは起きないと言っていた」というアナウンスが繰り返されていた。アメリカ人としてはなにか日本人に馬鹿にされたようでよほど悔しかったのだろう、どこか溜飲を下げたような口ぶりが印象に残った。

そのサンフランシスコ地震の時はテキサスの片田舎でプラントのスタートアップ指導ををしていてパークシティに居た仲間に合流を図ったのだが断念した。そして帰国後の小生を待っていたのはまさに閑職で、毎日を無為に過ごすのに耐え切れずとうとう退職を決意したとか思い出深い時期であった。

さらに1995年と言えばオーム真理教の地下鉄サリン事件と強制捜査、退職したばかりの小生は朝からテレビで一部始終を見ていて「俺も本社に行っていたら被害にあったかも」などと思ったものである。

今日からWordPressの新しいテーマTwentysixteenに変えてみた。おいおいカスタマイズしていくつもりだが、フォントを明朝からメイリョウに変えただけでしばらく様子を見ることにした。

 

万願寺唐辛子とコスモス

DSC00889
万願寺唐辛子と甘長とうがらし最後の収穫

転倒から2週間、まだ左腕を使ったり咳をすると痛むがあちこちの打撲や擦過傷の痛みもとれどうやら人心地がついた。

この間庭仕事ができなかったので正月用の小松菜の種まきが遅れてしまった。転倒前にトマトの後の畑に蒔いた小松菜と春菊は順調、人参は蒔くのが遅すぎたかも知れない。小松菜はもう一畝蒔きたいので、遅ま

葉を摘んで佃煮に
葉を摘んで佃煮に

きながら長いこと楽しんできた万願寺唐辛子と伏見の甘長唐辛子を抜いてひとまず石灰だけ入れて置いた。

葉は佃煮にする予定。

 

 

春にブッチャード・ガーデン土産の花の種を貰って蒔いておいたら中にコスモスがあって背丈2m近くになDSC00886ってピンクと赤い花をつけている。写真に撮るのだがどうもあまり印象的な写真が取れない。今日は思い切ってハイキーにして撮ってみた。

 

 

DSC00879

タヌキ一家はどこへ?

DSC00431いくら荒れ庭とは言え、親子5頭のタヌキ一家に昼日中からウロウロされたのではなにか落ち着かない。少しでも居心地を悪くしようと、このくそ暑いのに雑草を刈って見通しをよくした。 その甲斐あってか明るいうちは現れなくなったがどうやら暗くなると現れて芝生を引っかいたり雑巾のタオルで遊んだりしているDSC00428ようだ。

そこで芝生の周りに釣り糸を約5cm間隔で3段張り巡らせてみた。7月28日に設置して二晩たってから調べてみたらなんと三箇所で釣り糸が切れている。昔胴突仕掛けの道糸に使っていたものなので引っ張ったくらいで簡単に切れるものではない。切り口を調べてみると三箇所とも同じような傷が付いていて噛み切ったようにも見える。糸に絡んで切るのに苦労して懲りたのか、その後糸を張りなおしてから二晩たったが、まだ切られていない。

さてタヌ公達これで我が家を遊び場にするのは諦めたのか、芝生だけ迂回しているのかまだ分からない。

たぬき一家の住まいはどこ?

先日オランダ旅行に出かけようと戸締りをしていたらなんと一匹のタヌキが庭でこちらを見ているではないか。 時間もないので構っても居られずそのまま出かけてしまった。 帰国して数日たってからウッドデッキのサンダルの片方がが庭の隅に移動したり、雑巾が芝生に移動したりしているのを見つけどうやらタヌキの仕業らしいと思っていた。

7月20日久しぶりに孫が遊びに来て庭で遊んでいたときに「タヌキだ!」と叫んだが見たときは姿を隠していた。聞いてみると随分小さかったようなのでネズミじゃないかというがいやあれはネズミではなかったという。さてはハクビシンかと姿を消したあたりのウッドデッキの板を3枚ほどはがしてみたが何もいない。

7月21日12時48分
7月21日12時48分

7月21日真昼間の1時少し前何気なく庭を見るとタヌキがこちらを見ているではないか。おまけにウッドデッキのあたりに大きなドブネズミがうろうろしているのも見つけてしまった。 その後もタヌキのいたずらは続いたが芝生が引っ搔かれる程度で、トマトやオクラに被害はないのでむしろネズミ、ハクビシンに棲みつかれるほうを心配していた。

ところがは7月24日、まだ日が高いうちに親タヌキ一頭に子タヌキ2頭で現れた。ははあ孫達が見たのはこの子タヌキだったのだと納得。

たぬき一家翌日夕方7時少し前、なんと総勢5頭、親1+年長さん2+子2?が庭で遊んでいるではないか。

昨日はもう少しはっきりした写真をとろうとリモコンを設置して待機していたがなかなか現れず。20時少し前に1頭づつ庭を横切るのが3頭まで認められた。
たぬき0726-2 たぬき0726-1さてどうしよう? 今の所丹精(?)の芝生を引っかかれる位でミニトマト、オクラなどには目もくれないのでさしたる実害はないのだが、タヌキは皆で1箇所に糞をする習性があって「タヌキの溜糞」といわれる巨大な塚のようなものが出来るそうだ。
早速庭を見回るが差し当たり溜糞らしきものはない。少しで居心地を悪くしようとうっそうと茂った雑草刈を始めたがこの暑さに遅々として進まない。

ゴールデンウィーク

孫が大きくなって寄り付かなくなってみると一年365(366)連休の身にとってGWにはなんの意味も無いのだが、なにか何時もよりゆったりとした時間が流れているように思えるのはなぜだろうか?

連休中天気も良く玄関周りの姫ウツギ(卯の花)とジャーマンアイリスが青空に映えて下草のホタルカズラも今年はきれいに咲きそろった。

気温も上がったので、連日庭を掘り返し夏野菜の植え付けと植え付け場所の掘り返しに汗を流した。

  • 万願寺唐辛子
  • 甘長唐辛子
  • ミニトマト 4株
  • ゴーヤー 3株
  • ゴーヤー ベランダの大型プランターに5株、空調室外機の日よけ用で収穫は行わない
  • バジル、モロヘイヤ、島(丸)オクラを育苗中

狭いところに欲張って植えるので大変です。あっ腰が...