解散するときなぜ万歳をするのか

昨日衆議院が解散された。議長が解散を宣言すると議員全員が立ち上がって万歳を三唱するといういつもの光景がTVで放映された。一体彼らは何のために万歳を叫ぶのだろうか?

任期中に何も出来なかったばかりか、益々問題が山積して来ている現状を憂い自らの無力さを嘆いてもらいたいところだが、どうも彼らの頭の中には「再選されるために次の選挙で頑張るぞ!」という高揚感以外は何も無いらしい。
「国民の生活が第一」というふざけた党名は「自分の当選が第一」と読み替えればよいが、とうとう今度は「太陽の(季節)党」だとさ。芥川賞かどうか知らないが大昔のくだらない小説を書いた爺様が「大同小異」を唱えると「減税」を袖にして「維新」が擦り寄っていく。一体彼らはこの国をどこに導いてくれるのか?

腹が立つと血圧が上がり乖離している大動脈が膨れる速度が大きくなるといけないので、出来るだけニュースも見ないようにしているのだが...たまには憂さ晴らしに...スイマセン。

ミサイル発射と原発再稼動、そして節電

今朝の新聞の「原発再稼動妥当と判断」「大飯の安全性を確認」という見出しを見て驚い…

今朝の新聞の「原発再稼動妥当と判断」「大飯の安全性を確認」という見出しを見て驚いた。福島第一の事故の総括さえ済まず、「安全保安院」「原子力委員会」という規制体制の見直しも実行に移されない中での決定はいくらなんでもひどすぎる。

数日前京都府、滋賀県知事が大飯を訪れた席で関電側が「福島のような事故は絶対に起こさない」と言っているのをテレビ放送で見たが、一体何を根拠に起きないと言っているのだろうか?そもそも福島の事故だって起きないといっていたのとはないのか、確率が低いというのと絶対に起きないというのは違う。
電源の供給を何系統にしようが、ジーゼル発電機を何台設置しようが全電源喪失という事態が絶対に起こらないとは言えない。予備機を増やしたらその切り替え設備に問題が出て全体が止まってしまったなどという笑えない事態を経験したこともある。
北朝鮮のミサイル発射騒ぎに乗じて騒ぎが広まらないよう週末に発表してしまえと考えたのかも知れないが、ミサイル発射に対する危機管理さえ出来ていない国が原子力事故に対応できるわけはない。私はこれまでCO2の問題もあるから、原子力発電をすぐに全廃しろという意見ではなかったのだが、現在稼動中の原発1基でこの程度の状態なら国民全員がもう少し我慢すれば再稼動せずとも乗り切れるのではないかと思うようになった。使用済み燃料棒があのような形で保管されていて、その処理に全く目処がついていないことを考えれば、一刻も早く全原発を停止すべきであろう。しばらくCO2には目をつぶってもらってクリーンなエネルギー開発に傾注したいものである。政府が今やるべき事は国民にロードマップを示して、少しの我慢を呼びかけることである。

WattMonitor.jpg

個人の力ではどうにもならないとは知りながらも、我が家では2月に写真のワットモニターを購入して節電に取組んでいる。白熱灯をLEDに、CRTのテレビやPCのモニターを液晶に交換したりと設備投資はあったが、色々な器具の消費電力を測定してみるとそれだけで節電意識が高まってそれほど生活の質は落とさなくても節電ができることが分かった。
3月、4月検針分の電力使用量は一昨年、昨年と比べて大幅に減った。昨年は私の手術前後で妻が気を遣って電気ヒータを多用したので比較対象にはならない。一昨年に比べても大幅な削減ではあるが、月300Kwhというのはあまり自慢になる数字ではない。今後は月200Kwh切りを目標としているが、それよりもFF暖房に使っている灯油量=CO2を削減する方策を探している。現在の技術では太陽光発電+蓄電が良いのだろうが、先立つものとこちとらの寿命を考えると二の足を踏んでしまう。
              2010     2011     2012
   3月検針分   441Kwh        604Kwh        320Kwh      10年比121Kwh減
   4月検針分   436Kwh    556Kwh    272Kwh        164Kwh減

加納時男東電顧問の発言に未だ怒り収まらず

5月5日朝日新聞朝刊4面の元東電副社長、元参議院議員、現東電顧問の加納時男氏のイ…

5月5日朝日新聞朝刊4面の元東電副社長、元参議院議員、現東電顧問の加納時男氏のインタービュー記事を読んで、怒りを通り越して気分が悪くなった。それから丸二日経った今も、我が国の原子力行政がこの程度の連中に牛耳られていたのかという情けない思いが益々強くなった。読んでいない方は「のらりくらりのマナビー http://wp.mfyk.net/suishin/」をどうぞ。
さぞや各方面から非難の声が上がるかと思いきや、あまりにも程度が低い議論のせいか、その後当の朝日も含めて何の反響も報道されていない。槍玉に挙げられた河野一郎参議院議員、後輩だからといわれた福島瑞穂社民党首も「大人の対応」とばかりか何もおっしゃりません。福島県知事さんもこれまでの原発誘致に気がとがめるのか何の反論も出来ないご様子です。
昨日管首相が浜岡原発の停止を要請し早速賛否両論が巻き起こっているようだが、こんな連中(自民党原発族、御用学者集団の原子力安全委員会、原子力安全・保安院など)が唱えてきた安全神話は全く信用できなくなった。
事故発生直後病院のベッドで考えていた事は、制御棒が入りさえすれば以後の発生熱量はシミュレーションできるで全冷却系が停止したときの挙動は推定可能であるから以降起こることは全て予見できた筈だということだ。多分「そんな事は起こる筈が無いのだから考える必要は無い」という恫喝に近い意見がまかり通って来たのだろう。
東電は参議院議員を辞めた加納時男を原発事故後のつい最近顧問にしたらしいが、一体どういうセンスなんだろう。元副社長、元国会議員の顧問料はいくらですか? 図々しくも賠償紛争審に要望書を提出した経営陣、年俸の50%カットでも平均2千万円はくだらない報酬と辞めれば莫大な退職慰労金、我々庶民と感覚が違いすぎますよ。
値上げ反対と叫んでも、不払いで止められても困るし、ナベツネの時と違って不買運動も出来ない情けなさ。

東京都知事選

散歩がてら選挙にでかける。会場の小学校は距離的には近いのだが83段の階段が待ち受…

散歩がてら選挙にでかける。会場の小学校は距離的には近いのだが83段の階段が待ち受けている。行きはくだりなので、転ばないように手すりを掴んで降りる。

会場には15時までの投票率31%とでていたが、今回ばかりは棄権したい気分だといっている人が多い割にはまあまあの数字なのだろうか。だれに投票しようが石原再選に決まりで面白くない。

vP1030711.JPG

「石原さん出ないと言ったのではないんですか?」
ジーゼル車の排ガス規制の時だけは「やるな」と思ったのだが、銀行、オリンピック、築地移転など全く評価できない。そもそもあの倣岸な態度と物言い、自分は何様だと思っているのだろうか。「太陽の季節」くらいで俺は大小説家だと思っているのか...あと4年、益々老害が出てこなければよいが。
帰りは、階段をさけて桜を見物しながら戻る。満開だ!
ここでは自粛が勝ちのようだ。
桜の下で酒を飲んでの大騒ぎは毎年苦々しく思っているので静かな花見に一票。
昨日電話を貰いしわがれ声で話した友人から「大動脈解離で手術した友人に聞いたら、やはり声が出なくなったが、そのうちに出るようになった。以前はもう少し良い声だったが。その内出るようになるから安心せい」と電話を貰った。わざわざ電話で確かめてくれたらしい。持つべきは友、心遣いがうれしい。

チュニス、ブルギバ通りの戦車

今日(1/18)の朝日新聞一面にチュニジアの首都チュニスの目抜き通りに陣取った戦…

今日(1/18)の朝日新聞一面にチュニジアの首都チュニスの目抜き通りに陣取った戦車の写真が載っていた。幸い大きな騒乱にはなっていないようだが、昨年10月に妻と二人でチュニス近郊の遺跡めぐりをしてきただけに、この先チュニジアがどのようになっていくのか気になるところである。

「アラブ初の民衆革命だ」というタクシーの運転手の話を引き合いに、いかにも独裁強権政治からすぐにでも民主的な政権に取って代わると言う印象を与える記事だが、おいそれとはいくまい。
アラビア語は勿論フランス語も解さない旅行者がたった4日間の滞在しただけで、何かを感じるすべも無いことだが、市内で会った人々の無表情さとカルタゴからしディ・ブ・サイドに向かう郊外電車の中で英語で話しかけてきて「通じた通じた」と無邪気に喜んでいた女子学生たちの明るい笑顔が印象に残っている。なんとか良い方向への変革のスタートになって欲しいものである。
ブルギバ通り(10/1) 
  新聞写真とは反対方向から            職がないのか昼間から道端のカフェで
P1030054.JPG
P1030055.JPG

ESTA 米国の横暴 互恵主義はどこに

先月末ESTA Expiration Noticeというメール(下記)がSupp…

先月末ESTA Expiration Noticeというメール(下記)がSupport2@dhs.govから送られてきた。

ATTENTION! Your travel authorization via ESTA will expire within the next 30 days. Please reapply at https://esta.cbp.dhs.gov if you intend to travel to the United States in the near future.
来年早々コロラドに滑りに行くのでESTAの更新をしようとしたが、行き先や滞在先などは更新できるが有効期限の更新が出来ず元に戻って再申請しなければだめで有効期限も今日から2年間となってしまった。今年9月からESTA渡航認証を取得するのに手数料14ドルが徴収されるようになったので、ぎりぎりまで待ったほうがよかったのだが、面倒なので手続きをしてしまった。
それにしても勝手にESTAなる仕掛けを作り、勝手に代金を徴収することに決めてしまうというやり方にはまったく腹が立つ。日本もアメリカ人にはESTAを課し代金を徴収すべきである。 さらに上記の英語のメールなど送りつけても、ああまた迷惑メールかと思う日本人が多いなどということは全く意に解さないアメリカの思いあがりには頭にくる。
そういえば以前日本が入国に際して課していた指紋押捺を散々非難しておきながら、今ではアメリカ入国にはその都度全部の指の指紋をとりさらに虹彩の写真まで撮影するので入国審査に大変長時間かかる。ESTAを課すならせめて有効期間内の再渡航には前回の指紋、虹彩のデータで済ませられないものか。

鳩山さん梯子を外されてどうしますか

子供手当ては所得制限、ガソリン暫定税率維持。ベンツを乗り回す社長は子供手当てを支…

子供手当ては所得制限、ガソリン暫定税率維持。
ベンツを乗り回す社長は子供手当てを支給され、共働きの若い夫婦は支給されないのでは小子化に歯止めがかかるとは思えません。ガソリンが長期に大幅に安くなると思っている国民はいません。環境税にするかどうかは別にしても早く一般財源化すべきでは無いか。
道路目的税のまま存続させるという建設業界、道路族議員の声は国民の声ではない。これが通るようなら小沢さんの「政権交代」とは単なる政権交代だけで、国民の期待を全く裏切ることになりますね。
さあ鳩山さんどうする?解散して民意を問い直しますか? それとも「やーめた」ですか?