病院のはしご

このところ病院のはしごが続いて気が滅入る。
9月末から2年半前の大腸がんの転移再発を調べるための一連の検査があった。 加えて網膜剥離手術後の経過観察や声帯の経過観察が重なり、その上に9月中旬から足の甲が腫れて歩行が不自由になったてしまった。

足の甲が腫れ内出血でどす黒くなってきたので、何はともあれいつもの整形外科・皮膚科の医院を訪ねたら
医者:「どこかにぶつけたんだろう?虫に刺されたって内出血はしないよ」
私: 「ぶつけた覚えはないんですが」
医者:(この爺さん少し呆けてるんじゃないのてな顔で)
「まあ湿布を出して置くから様子を見なさい」
仕方ないので湿布をして安静にしていたのだが一向に腫れが引いてこない。

連休明けに昭和大学の大腸の内視鏡検査で看護師に足を見せたら「すぐに皮膚科にいきなさい。蜂窩織炎にでもなったら大変!」 検査技師にも蜂窩織炎はショック死を起こすと脅かされた。

大腸の検査を終えて最初に行った整形外科・皮膚科医院へ。
医者: 「なにいまだ5日だろ、内出血なんてまだひかないよ!」と赤外線の温熱療法を指示。
私:「…」 (まだ腫れたところが熱い感じがするのに、ろくに見もしないで温めるなんてもうこの医院には来ないぞ)とそっと足をずらして逃げ帰る。

翌々日、今度は胃の内視鏡検査で再び昭和大学へ。消化器センターに行く前に事情を話して皮膚科の予約をいれ検査終了後診察をうける。

皮膚科の女医さん:一目見るなり 「これは皮膚科じゃないわね」と
暫く待って循環器センターで血液検査と下肢静脈のエコー検査を指示される。しかしはっきりした所見もなく再び皮膚科へ。
「炎症反応の数値も低いので少し様子を見てください。冷やして軽く弾性包帯を蒔いておくように」

img_20161003_1000331週間後(腫れ出してから2週間)再び皮膚科に。「内出血は収まってきているので、今度は抗生剤を5日分出すのでまた見せてください」

5日後「腫れはひいてきているので、今度はステロイド軟こうと消炎剤を処方される。

一週間後「大分良くなってきているのでこれを続けましょう。経過からすると皮膚の下の脂肪層に炎症が起きた脂肪織炎の一種と考えられる」とのご託宣だった。

要するに原因はよくわからないが対症療法で効果が出ているので良しとしましょうということらしい。

足が腫れ出してから一ヶ月、運動不足で体が重いし気も重い。

(網膜剥離の手術後PCに向かうとすごく目が疲れるようになり、ブログの更新もついおろそかになっています。さてはまた入院したかとご心配をお掛けしているようなので、簡単な記事でも書こうと思いつつ…すいません)

 

困った 似非科学

こんなメールが届いた。
普段からEMは似非科学と思っているので全く行く気はない。すでに「宮崎は批判ばかりしている、事実は事実」と煙たがられているので脱会してしまえばよいのだが、炭焼きとタケノコで楽しませてもらっているタケノコ会はこの「EM窪平」の下部組織になっているので抜けるとなると両方やめなければならない。

宗教と一緒で論破することは不可能なので、これ以上やられると精神的に参ってしないそうだ。

 ドキュメンタリー映画
「蘇生」上映上映会&講演会のお知らせ
  日 時 6月5日(日)12:00~16:30
  場 所 町田市民フォラム(町田市原町田4丁目9-8)
  締 切 5月26日(木)
  入場料 一般前売り1.500円
会員の皆様、皆さんが住んでいる町田市で見れますので
是非ご夫婦又はご家族でEMに関する映画ですので
見て頂きたいと思います。
尚映画の代金は全額と交通費半額をEM窪平から支払い致します。
(ご夫婦で行かれた時は二人分お支払いします)

認知機能検査と高齢者講習

運転免許更新のため75歳以上に義務付けられている認知機能検査と高齢者講習を受けて来た。これで2度目、担当の女性ははなから呆け老人相手の口調で説明開始、義務とはいえ不愉快極まりない3時間だった。

家に帰ったのが20時近くなり今日は久しぶりに休肝日と思っていたのだが、しっかり呑んでしまった。折から始まった錦織選手の3回戦の完勝振りにどうやら腹の虫も治まってきた。

バルドー博物館襲撃

P1030268チュニジアのバルドー博物館が襲撃され日本人3名を含む19名が死亡、40名以上の負傷者が出たという悲惨なニュースが伝えられた。

2010年10月、妻と二人でチュニスの旧市街を通り抜け、やっとの思いでタクシーを拾ってバルドー博物館を訪れ多くのローマ時代のモザイクに魅せられたのを思い出した。
翌年1月、「アラブの春」の先駆けとなった「ジャスミン革命」が起きたとき、民主化の前途には不安を禁じえP1030286なかったものだが、まさかイスラム国を名乗る過激派まで出現するとは思わなかった。

思えば子ブッシュのイラク侵攻がすべての引き金を引いたと言っても過言では無い。これに協調した当時の小泉首相は一体どんな思いでいるのでしょう?

この5年でめっきり白いものが増えた妻。心配をさせました。
この5年でめっきり白いものが増えた妻。心配をさせました。

原爆を使っても国益を守ろうとするプーチン首相、また「大量破壊兵器が無いと証明できなかったイラクが悪い」と驚くべき発言をした安部現首相の元で益々戦争に加担しやすくなっていく日本。年寄りの心配はつのるばかりです。

日本の技術力の地盤沈下

昨日は原発事故後1年、13年前の東海村JCO臨界事故の際に感じた「日本の技術力の…

昨日は原発事故後1年、13年前の東海村JCO臨界事故の際に感じた「日本の技術力の地盤沈下」を改めて感じさせられた。
発生時に病院のベッドでまさかと思っていた安全対策の欠如が次々に明らかになるにつれ、これはどうしても人災としか言いようがないと思うようになった。その根源は原発建設に際しての原子力安全委員会がその設計指針に「全電源の喪失は考慮する必要がない」と記したことにあるのは明白である。
その後スリーマイル島の事故があり、アメリカ原子力規制委員会は今回の事故で一般人まで知ることになった「ベント」を設けることを決めた。日本は当初何ら改善すべき点は無いと言いながら、仕方ないのでアメリカに追従して形ばかりの「ベント]を取り付けたのである。「ベント」というのは放射性物質を大気に放出する訳だから、まさに最後の手であって当然その作動を自動化することは出来ない。自動化するとなれば、普通は安全サイドに設計するから作動用電源や空気圧が失われたときは開くようにしなければならない。
工場の現場を経験した人なら誰でも分かることだが、こんな設計をしたら数年に一回は誤作動が起きるのは間違いない。だから東電や安全・保安院は簡単には開かないようなものでも付けさえすればよいと考え、さらに実際にベントしたら水素が逆流して建屋内にこもってしまうようなおざなりな設計でお茶を濁した。
昔あるプラントを設計したとき、全電源が停止した際に反応器に反応停止剤を注入する装置を設けることになったが、やはり誤作動がいやで離れた安全な場所から手動で作動させるようにしたことを思い出した。原子炉建屋外で直接手動で作動させるようにしたり、ベントしたガス中の放射性物質を減らすなどの対策にはたいして金のかかる話ではない。特に東電は地元、政財界、学会に配った金すら電力料金に上乗せできるのだから、ほんのはした金に過ぎなかった筈である。
元を正せば原子力安全委員会の「全電源喪失は考える必要がない」という一言から始まった。そしてそれがおかしいと一人として指摘できなかったことに元技術屋の一人として日本の科学技術全般の技術沈下を深く憂うこのごろである。

JA紀の里のまずい桃にがっかり

7月初め、沖縄の知人に美味しい桃を送ろうとネットで調べたらJA紀の里の嶺鳳という…

7月初め、沖縄の知人に美味しい桃を送ろうとネットで調べたらJA紀の里の嶺鳳という品種が7月22日頃から発送になるというので注文した。どんなものが送られたのか知っておくのも礼儀と同じものを自宅にも届けてもらうことにした。その後生育が遅れ気味との連絡があり、26日に我が家に到着。

vDSC00432.JPG

箱を開けてみるとサイズも色も見事なばかりで、すぐにでも味わいたいのをグッと我慢して注意書き通りに食べごろを待つ。29日、もう良いだろうと久しぶりに美味しい桃を食べようとしたのだが、皮が剥けない。仕方ないので包丁で剥き出して驚いた、まるで桃とは思えない、なにか大根を剥いているようだ。もちろん食べてみても旨かろう筈はない。
もう少し置いて見ようと更に2日置いて食べたが同じなので、流石に頭にきてJA-タウンのカスタマーサービスに連絡をいれる。折り返しJA紀の里から電話させるという。確かに電話は来たが、そもそも硬い品種だからとか何とか言って全く誠意が無い。私自身は声が出ないので妻に応対させたのだが、これ以上文句を言うといちゃもんをつけているような気分にさせられ、「もう良いです」と電話を切る。
ネット販売は顔が見えないのでこんなときに困るが、かといって美味しいものを手に入れるには使わざるをえない。今回は相手がJAだと安心していたのがまずかった。旨いものを食い損なった怒りいまだ収まらず、今日再度メールでクレーム。

加齢黄班変性と反回神経麻痺

7月13日北里大学病院眼科へ先日の網膜造影検査の結果を聞きに行く。2年ほど前から…

7月13日北里大学病院眼科へ先日の網膜造影検査の結果を聞きに行く。2年ほど前から始まった網膜内の血管へ直接薬物を注入する療法が摘要かどうか聞くためだったのだが、現在問題の箇所が網膜中心(黄班部)から少し離れているので、万一出血などが起きても致命的では無いからと結局は経過を見ていくこととなる。もうかれこれ8年も経過を見るだけで何も治療をしていない。

中心部が歪んで見えたり、物が小さく見えたりするのは黄班の一部が変形しているせいでこれは治療の方法が無いらしい。残念ながら飛んでくるテニスボールが良く見えるようにするのは諦めろということらしい。
大動脈手術後4ヶ月が経過したが反回神経麻痺により声が出ない症状は一向に改善されない。6ヶ月位までに突然正常な声になることもあるらしいが、私の場合は左側の声帯が完全に開いた位置で固まったままなので右側の声帯がカバーできるようにはならない可能性が高そうだ。
しわがれ声で何とか用事は足せるが、このままでは海外に行ったときなどに意志を伝えられるか自信がない。そろそろ専門医の診断を受けるかなどと考える此の頃である。

1月29日(金)ボケよ、来たか

今日は北里大学病院へ。昨年「加齢性黄斑変性症」による網膜(正しくは脈絡膜?)に出…

今日は北里大学病院へ。昨年「加齢性黄斑変性症」による網膜(正しくは脈絡膜?)に出血が再発、右目の左下が黒ずんで見えない状態になった。今日はその経過観察日である。
いつものように予約に充分間に合うように家を出て、相模大野の駅で「一寸早すぎるかな」と考えた瞬間「診察券も保険証も持っていない」事に気がついた。
“1月29日(金)ボケよ、来たか” の続きを読む

国債残高600兆円超 本年度発行額44兆円枠

民主党の皆さんもそうだが、亀井さん福島さん一寸緊迫感が足りないのではないですか?…

民主党の皆さんもそうだが、亀井さん福島さん一寸緊迫感が足りないのではないですか?はしゃぎすぎですよ!
特に亀井さんは「思い切ったことをしないと日本が沈没してしまう」、「鳩山首相のお孫さんまで子供手当てを貰うのか」などと言っているがこれまで所得制限で不公平感を痛感していたサラリーマンと感覚が違いすぎです。所得制限をするくらいなら子供手当ては止めなさい。

これまで経済学を学んだことは無いが、このまま行けば国債の引き受け手が無くなり金利が上昇、増税、そして悪性インフレにという筋書きは目に見えているのではないだろうか。余命幾許の無い年寄りにはどうでも良いが、我々の世代が痛みをこらえて孫子の世代に少しでも「明るい未来」が見えてくるようにしなくてはならないと思う。
嬉しくは無いが「消費税増税」は不可避。国会の皆さん、自分の議席より大事なことは次の世代に何を残すかということではないでしょうか。

扶養控除は廃止、配偶者控除廃止は先送り

子ども手当ては鳩山政権の目玉政策だというが、どう考えても定額給付金と同じばら撒き…

子ども手当ては鳩山政権の目玉政策だというが、どう考えても定額給付金と同じばら撒きで少子化対策になるとはとても思えない。配偶者控除はさしあたり残るというので妻と二人暮しの我が家では当面増税にはならないが、鳩山さんなんとか考え直してもらえませんか?